お酒が飲めなくてもガールズバーで働くことができる!

「お酒が飲めなくてもガールズバーで働ける?」

そんなの当たり前w
そもそも18歳以上(高校生はダメ)なら働ける仕事なんだから、どこのお店でも未成年にお酒を強要しているなんてことが知れたらガールズバー業界はもうやっていけなくなるww
お酒が飲めない店員だって山ほどいるんだよね。

ただ、ガールズバーではお客さんにお酒を奢ってもらえることもある。
そのお酒の売り上げの一部はバックという形でボーナスが入るんだけど、そういう意味では未成年やお酒が飲めない人は不利になるかもしれない。
でも、お酒が飲めなければガールズバー店員として全くやっていけないかと言えば、そうでもないんだよね。

お酒が飲めない場合は見栄を張らず、店長やキャストに正直に言う

未成年ならともかく、お酒が飲めないならその時は見栄を張らずに店員やキャストに正直に言っておいた方が良いね。そうでないと、いざという時に助けてもらえないから(´Д` )
昔聞いたことがあるんだけど、日本人の何割かは体質的にアルコールが全く飲めない人もいるんだとか。

だから、鍛えれば強くなるとかそういう次元じゃない人も実際いるんだよね。
お酒を1口飲んだだけでも顔が真っ赤になる人とかがそうかもしれない。
見栄を張らず、本当に飲めないなら正直にそのことを言っておいた方が絶対に良い!そのことで罰金とか、給料面で不利になるとかそんなことはないしw

あと、お客さんにも言っておいた方が良いよ!
お客さんからすれば初対面のガールズバー店員のお酒の強さなんてわからない。
でも女の子の分のドリンクをオーダーすれば、それがバックになることは知ってる人が多いんだよね。だから親切心とか、好意のつもりでお酒を勧めてくる場合も多いから、正直に「私お酒飲めないんですよ〜」と言って断ったりノンアルコールを飲んでOK。

お酒以外でお客さんを楽しませられるように努力をする

ただ、最初に言ったようにお酒を飲めるっていうことは、それだけで売り上げのアドバンテージになる!
ぶっちゃけ女の子を酔わせればワンチャンあると思い込んでる客もいるから、全くお酒を飲まない店員はそれだけで印象が下がってしまう可能性だってある。

だからお酒が飲めないなら飲めないで、他の面でお客さんを楽しませられるような努力をする必要はあるね。
例えばトーク力を磨くとか!
お酒の面で不利になるなら、お客さんとの会話を人一倍盛り上げられるように努力をしないと他の店員からも白い目で見られるだろうし、売り上げも伸ばせない!
できないことがあるなら他の面でカバーしようという気持ちを持たないと、ガールズバー店員はやっていけないと思う。

どうしても飲まざるを得ないときは、「お酒をフェイク」にするのも手

お酒が全く飲めない体質とは言っても、そんなこと理解できないお客さんもいるんだよね。
私もお酒が全く飲めないわけじゃないけど、体調によってはちょっと遠慮したい時もある。
そんな時に限って、「今日お酒飲めないんですよ〜(>_<)」と言っても「まあまあ、そんなこと言わず1杯だけ!」と言われて、話通じないな!と、内心イライラするようなお客さんが来るw

そんな時は「じゃあカシスオレンジで(^-^)」と言ってフェイクのお酒を作る!
ガールズバーの中には、未成年の子やお酒が全く飲めない子の為にフェイクのアルコールを棚に並べてるお店もあるよ!
私のお店もそうだったし。
カシスオレンジと言って、カシスリキュールの瓶に入れたぶどうジュースと普通のオレンジジュースを混ぜるだけ。
で、あとは酔ったフリをするww
自分でもクソだなぁと思いつつ、まあ強要してくる客も悪いからお互い様ということでw