ガールズバーで中心となる客層は20代後半~30代後半

ガールズバーに来るお客さんはだいたい20代後半から30代後半くらいの人が多い。
もちろん、18歳以上の人なら別に年齢制限があるわけでもないから、その範囲外のお客さんが来ることも珍しくはなかったけどね!
中には自分の父親より年上っぽいお客さんも来るし(^O^;)

でも大抵は仕事帰りのサラリーマンとか、飲み会の二次会で来るお客さんが多いかな。
この客層って、夜のお店として見ると結構若いんだよね。
どうしてガールズバーの客層がこんなに若いのか、そこには値段に理由があるんです!

リーズナブルな価格設定のため学生客も多く来店する

キャバクラや風俗に比べればガールズバーの料金はかなりリーズナブル。
キャバクラとかでは数万円を平気で超える支払いになることも当たり前の世界らしい。

でも、よっぽど羽振りが良いお客さんでもない限り、ガールズバーでは1万円を超えるお会計はそうそう見たことがないw
値段が安いから、若いサラリーマンはもちろんだけど、時には私と同い年くらいの大学生の子も結構来る!
夜のお店に興味がある大学生にとっては、ガールズバーってかなりハードルが低いだろうしね。

会話の中で「へぇ〜大学生なんだ!どこの大学なの?」としれっと聞いて、自分と同じ大学じゃないかどうか確かめる、なんてこともしてたなww
隠してるわけじゃないけど、やっぱりお客さんと大学で遭遇するなんてことはさすがに嫌だしw
でも同じ大学じゃないなら、同年代の学生客は話しやすいから、めちゃくちゃ友達感覚で接客してた。

まあ、いいお客さんばかり来るってわけでもないんだけどね。
たまーにガールズバーにクソ客が来るから、そういうお客さんが来たときはマジで萎えたww

純粋にトークを楽しみたいお客さんが来店する

みんなもなんとなくはイメージあるかもしれないけど、キャバクラとかでは女の子に下心を持って来店するお客さんが多い。というか大体がそうw
ガールズバーでも下心があって来店する人もいたけど、意外とそうでもないお客さんも多かったんだよね。

下心なしに、純粋に若い女の子としゃべりたい、自分の話を聞いてほしいという人が来店することもあった。
と言うのも、ガールズバーは店外デート、特にアフターはお店のシステムとしてNGにしているところがほとんどだから。
キャバクラみたいにお店の女の子との疑似恋愛を楽しみたいお客さんは、まずガールズバーの常連にはならないねw

だから常連さんになると自然と下心がなく、お店の中でのトーク目的のお客さんに絞られてくる!
それに、自分の愚痴や本音って、友達や仲の良い人にはなかなかさらけ出せないっていう人も多いしね。
だから男性客だけじゃなくて、自分の話を聞いてほしい女性客もたまに来てたよ。
ガールズトークは仕事を忘れてめちゃくちゃ楽しんでたw

同じナイトワークのキャバクラよりも客層が若い

ガールズバーは料金が安くて、気軽に来ることができるからキャバクラよりも客層がかなり若い!
それに、お店で働く女の子の年齢層も若い人が多いから、同年代の友達みたいに気軽に話せるっていうのも若いお客さんに人気の理由かもしれないね。
店員としても、お客さんの長話に付き合うのに慣れてる人も多いよ。
話すとスッキリして、ガールズバーにハマりだすっていう人もいるみたい。

若いお客さんが多いくらいガールズバーは行きやすくて、本当に気軽にトークが楽しめるところなんだ。

もしこの記事を読んで、ガールズバーに興味を持った男性がいたらぜひ一度行ってみて。
でも下心があれば即行で店員の女の子に嫌われるからあくまでお店の中でのトーク目的でねww